質問の内容

質問はありますか?という言葉

 

 

あるシチュエーションになると
よく耳にします

 

日本国民の8割の人は
必ず聞かれたことのある場面

 

 

それは

 

 

そう面接時

 

アルバイト

 

就職

 

受験

 

その他色々

 

 

 

そんな時

 

まず質問する人

 

質問しない人

 

 

 

二つの分かれます
どちらが良いでしょう

 

 

 

 

面接内容にもよりますが

 

間違いなく
質問するが良いでしょう
なぜ質問するのが良いのか

 

これも
コミュニケーションと興味があるかないかが
面接する立場からすると一つの判断になります

 

 

しかし質問の内容によっては

 

え〜?
こんな事を質問するのという
マイナスな印象を与えてしまうこともあります

 

 

逆に「えっその質問は初めて聞いたな〜」と
この人は斬新な視点で貢献する人かも

 

というように
質問する仕方や内容によって

 

 

 

どれぐらい理解しているか
どれぐらい取り組んでいるか
どれぐらい未来を見ているか

 

イメージがわかってしまいます

 

質問の仕方
結構重要なポイントですね
質問する質問がわからない
質問のポイントがわからない
そんな時は予習不足の可能性は高いでしょう
けど分からないことがわからないという意思表示するのも
質問の質を上げるポイントになります
どんどん質問をしましょう