コンテンツは記事文章中心、画像中心どちらがいいか

文章と記事のバランス

サイトを作成して、綺麗なイメージ作りをしたいと思って
ホームページ,TOPページを気合入れて作成するものの
他のページは薄くなるサイトをよく見かけます。

 

集客という面で見るとこれは間違いになります。

 

確かに見た目のイメージで見たお客様は「おっ!」と思い
次のページに進もうと思いますが、詳細のページを見ると
内容があまり無かったら、サイト自体を閉じてしまいます。
これを直帰率というわれるものに該当します。

 

 

現実社会のお店で言うならば、看板や外側のお店のつくりはいいのですが
店内に入ると商品がほとんど無い状態をあらわします。

 

そんな店内に長時間滞在するでしょうか?
店内1周すれば店外に出るのが普通でしょう、
1周するならまだしも、玄関で見渡せたら入った瞬間に出てしまいます。

 

サイトに関しても同じことがいえるでしょう。

 

 

逆に文字ばかりのサイトにたどり着くと、TOPページで興味が出ない限り
次のページに訪れる人が少ないと思います。
どうしてもその内容が知りたい、調べたい強い欲求が無い限り先に進みません

 

 

現実社会に例えると
開店しているか、閉店しているか間口が狭かった、お店なのと分かりにくい
お店で実際入ると色んなものが置いてあるお店、骨董品や会員制のお店っぽい
そんなイメージでしょう。

 

そう考えると文章が多いほうがサイトとしての価値があります。
しかしそれが多くの人に伝わるかは別になります。
ちなみにコンテンツ記事の文字数や量は
1記事500〜800文字以上の100記事ぐらいないと
検索からあがってきません。

 

ぺらぺら5ページぐらいの小冊子より100ページの本のほうが価値があるということですが
同じようなことばかりかいてもいけないのでご注意を。

 

 

そこで文章か写真や画像という事になると

 

あなたが編集者になってバランスの構成をすればいいでしょう。

 

管理人は7:3ぐらいで文章と画像を使用しています。
これは根拠はありませんが、そのバランスにすると
不思議と急にアクセスアップしページビュー数が多くなるからです。

 

スポンサーリンクス

文か画像か関連ページ

SEO
インターネットビジネスを始めてみようと思うあなたに 何をすればいいのかを案内
更新を怠ってみた
インターネットビジネスを始めてみようと思うあなたに 何をすればいいのかを案内